目の病気による視力低下

目が良くなる方法の第一歩は健康から

「目は口ほどにものを言う」ということわざがあるように、目は心の状態をそのままに映し出します。例えば、やる気があるときは目に力があり、
逆に不調なときは目に力がありません。心が落ち着かないときにキョロキョロしたり、精神的に動揺すると目が泳ぐのも、その一例です。

同じようにして、目は体の状態も表します。「体は健康なのに目の病気になってしまった」という人がいますが、殆どの場合、目よりも体が健康であるという状態は少ないと言われます。

目に病気が現れたということは、自覚症状がなかっただけで、いつ内臓の病気を発症してもおかしくない状態です。

つまり、日の健康を保つためには、体全体を健康にすることがもっとも重要なのです。

偏った生活習慣は血液をドロドロにし、視力を低下させる

糖尿病、がん、脳卒中。これらの病気は生活習慣病と呼ばれています。偏った生活習慣は内臓だけに影響するものではありません。

糖尿病の合併症である糖尿病網膜症はもちろん、水晶体が白くにごって視力が低下する白内障や、視神経が圧迫されて視野が欠ける緑内障といった眼病も、生活習慣が原因であることがほとんどです。

偏った生活習慣は血液をドロドロにし、血流を悪化させます。全身の細胞に酸素や栄養素を運んでいる血液は、もちろん目にも流れています。

例えば、甘い物や脂っこい物を食べすぎると脂肪が増え、血液がドロドロになって血流が悪くなります。そうなると、細胞の隅々に酸素や栄養が届きづらくなります。

特に、毛細血管の多い目は、血管が詰まりやすく症状が出やすい器官なのです。

また、首のコリは目の血流を悪化させ、目の疲れや痛みの要因となり、眼病の前兆ともいえます。

また、血液をドロドロにする要因のひとつに活性酸素があります。活性酸素はストレスや睡眠不足、喫煙、食べすぎや激しい運動、またパソコンやテレビなど液晶画面を長時間見ることでも発生します。

活性酸素は本来、体の中のばい菌を退治するものですが、大量に発生すると細胞を攻撃し、老化させます。

目がかすむ、物がぼやけるといった目の老化はこの活性酸素による症状で、生活習慣病の前ぶれでもあるのです。

次のような目の病気が進行している場合、もしくは疑いがある場合は本サイトで紹介しているトレーニングを絶対に行わないでください。無理に目を刺激すると悪化させることがあるからです。

  • 白内障
  • 緑内障
  • 糖尿病網膜症
  • 飛蚊症
  • ぶどう膜炎
  • 変性近視
  • 加齢黄斑変性
  • 角膜疾患
  • その他、目の疾患

このような病気の疑いや心配がある方は、まずは病院で検査を受け、異常の無いことを確認して下さい。

最後まで読んで頂きありがとうございます

関連記事

「目の筋力」と「脳の認識力」による視力低下

「目の筋力」と「脳の認識力」による視力低下

視力の仕組み 人がモノを見る時は、まず眼球を動かして対象物を捉えます。次に水晶体でピントを調節しま

記事を読む

3点寄り目カードで老眼回復
3点寄り目カードで老眼回復

3点寄り目カードとは? 3点寄り目カードは眼科医によって開発されたと

目が良くなる準備運動
目が良くなる準備運動

目が良くなる視力回復トレーニングを行う前に、目をほぐしたり血行をよくす

3Dステレオグラムによる疲れ目解消
3Dステレオグラムによる疲れ目解消

3Dステレオグラムとは? 3Dステレオグラムは正式には単にステレオグ

目の病気危険度チェック
目の病気危険度チェック

生活習慣をチェックして目の病気の危険度を知る 目は健康の鏡と言われま

目の筋力チェック
目の筋力チェック

目の筋力をチェックして重点的に行うトレーニングを把握する 眼病以外で

→もっと見る

PAGE TOP ↑