3Dステレオグラムによる疲れ目解消

3Dステレオグラムとは?

3Dステレオグラムは正式には単にステレオグラム(ウォールペーパーステレオグラム)と言われ、壁紙錯視を利用した画像のことです。

壁紙錯視とは似たような図形や絵柄の連続は、焦点のずらし方によって一枚の画像に遠近感が出る状態のことです。

3Dステレオグラムは疲れ目解消に効果的

3Dステレオグラムは普段使っている目の筋肉と別の筋肉を使って見るため、目の筋肉を休めることになり、疲れ目解消に効果的と言われています。

仕組みとしては遠くを見ると目が休まるという原理と同じと考えられています。

尚、3Dステレオグラムは視力回復に効果があると言われたことがありましたが、直接的に目を良くする効果はありませんが。しかし、目の疲れを軽減させることから間接的に目を良くすることに役立つと言うことはできます。

3Dステレオグラムのやり方

3Dステレオグラムは一度できると簡単ですが、コツを覚えるまでは少し練習が必要になります。

はじめに下の3Dステレオグラム(PDF)をダウンロードしてプリントアウトしてください。
→3Dステレオグラムをダウンロード(PDF)

3Dステレオグラム

3Dステレオグラムを見る2つの方法

A.遠くをみてから画像を差し込む方法

  1. 3mほど先の本棚や写真などに眼の焦点を合わせます。
  2. 焦点はそのままで、顔から30cmの位置に画像を差し込みます。
  3. 最初はぼやけて画像が何重にも見えますが、しばらくすると「隠しイラスト」が浮かび上がってきます。

B.近づけてから画像を離す方法

  1. 画像を顔に近づけ、目のすぐ前にもってきます。
  2. 少しずつ画像を話していき、顔から30cmの位置で止めます。
  3. 画像に焦点を合わせないように見ます。しばらくすると「隠しイラスト」が浮かび上がってきます。
最後まで読んで頂きありがとうございます

関連記事

記事はありませんでした

3点寄り目カードで老眼回復
3点寄り目カードで老眼回復

3点寄り目カードとは? 3点寄り目カードは眼科医によって開発されたと

目が良くなる準備運動
目が良くなる準備運動

目が良くなる視力回復トレーニングを行う前に、目をほぐしたり血行をよくす

3Dステレオグラムによる疲れ目解消
3Dステレオグラムによる疲れ目解消

3Dステレオグラムとは? 3Dステレオグラムは正式には単にステレオグ

目の病気危険度チェック
目の病気危険度チェック

生活習慣をチェックして目の病気の危険度を知る 目は健康の鏡と言われま

目の筋力チェック
目の筋力チェック

目の筋力をチェックして重点的に行うトレーニングを把握する 眼病以外で

→もっと見る

PAGE TOP ↑